西葛西マリーナ歯科 HOME > 口の中がネバつく・口臭が気になる~歯周病~

歯周病は歯を失う原因の第1位

歯周病は、歯垢に棲みつく歯周病菌が歯ぐきに炎症を起こし、徐々に顎の骨を溶かしていく病気です。歯を支える組織を破壊していくので、放置しておくとやがて歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の怖いところは、初期の段階でほとんど自覚症状がないところ。気付かないうちにかかっていることが多く、成人の80%が罹患(りかん)している、もしくは予備軍であると言われています。そして日本人が歯を失う原因のほとんどが、この歯周病によるものであると言うことも忘れてはいけません。

歯周病は全身に影響を及ぼします

歯周病は口腔内だけの問題にとどまらず、全身にも悪影響を与えます。

糖尿病
歯周病は糖尿病を発症しやすくすると同時に、すでに糖尿病を患っている人の症状を悪化させることもあります。また、糖尿病にかかると、全身の免疫機能が低下するため、歯周病になりやすくなります。
肺炎
歯周病菌が含まれただ液が気管に入りこむことで、肺炎を起こすことがあります。
循環器疾患
歯周病菌が血流に乗って全身をめぐると、血管内に塊ができやすくなり、狭心症・心筋梗塞・動脈硬化の原因になることがあります。
早産・低体重児の出産
歯周病菌が陣痛に似た子宮の収縮を起こすため、早産や低体重児の出産リスクが高くなります。

歯周病の進行段階

進行段階 症状
歯肉炎
歯ぐきに炎症が起きている状態。ブラッシングの際などに出血しやすくなります。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、3mm程度です。
軽度歯周炎
顎の骨が溶け始めた状態。歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。歯周ポケットの深さは、4mm程度です。
中等度歯周炎
顎の骨が半分くらい溶けた状態。歯を指で押すとグラつきます。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。歯周ポケットの深さは、6mm程度です。
重度歯周炎
顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。歯周ポケットの深さは、8mm程度と非常に深くなります。

歯周病の検査と治療法

【検査】

ポケット検査 歯周ポケットの深さを、専用器具を使って測定します。深いほど歯周病が進行しています。
レントゲン検査 顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨の密度が低いほど、歯周病が進行しています。
歯の動揺度検査 歯をつまんでグラつき度を調べます。大きくグラつくほど、歯周病が進行しています。

【治療法(原因・感染部位の除去)】

スケーリング・
ルートプレーニング
スケーリング・
ルートプレーニング
「スケーラー」という器具で歯周ポケット内の歯垢・歯石を除去します。さらに「キュレット」という器具で除去しきれなかった歯石もきれいに落とし、同時に歯の表面をなめらかにします。歯面がなめらかになると、汚れが再付着しにくくなります。
歯周ポケット掻爬(そうは)術
歯周ポケット掻爬(そうは)術
主に中等度の歯周炎に対して行います。局所麻酔をした後、歯周病菌に冒された歯ぐき、歯垢・歯石を除去します。
フラップ手術
フラップ手術
麻酔をした後、歯ぐきを切開して歯根に付いている歯石などを除去します。骨の表面をきれいにしたら歯ぐきを縫合します。

【治療法(溶かされた顎の骨と歯ぐきを再生させる処置)】

GTR
GTR
歯ぐきを切開して特殊な人工膜「メンブレン」を入れ、組織の再生を促します。
エドムゲイン
エドムゲイン
歯ぐきを切開して薬剤「エムドゲインゲル」を注入し、組織の再生を促します。
CGF
CGF
遠心分離機「メディフュージ」を使用して患者さん自身の血液から「完全自己血液由来のフィブリンゲル」を作り出し、それを膜として使用することで、歯周組織の再生を誘導します。
【メディフュージとは?】
血液中の血小板や赤血球を分離させる遠心分離機です。損傷された組織の再生・治癒に働く「成長因子」を多く含む血小板が濃縮された「フィブリンゲル」を形成します。

当院では上記の治療法以外にも最新の再生治療も行っております。重度の歯周病でお困りの方は是非一度当院までお問い合わせください。

歯周病に対する最適な治療・・・それは日頃からの予防です

東京都江戸川区|診療予約|西葛西マリーナ歯科

ページのTOPへ