西葛西マリーナ歯科 HOME > 歯が痛い・しみる~むし歯治療~

むし歯ってどうしてなるの?

むし歯予防にはブラッシング

むし歯の原因は、歯垢に潜むむし歯菌です。むし歯菌は食べかすに含まれる糖分をエサにして酸を出します。この酸によって歯が溶けてしまうのがむし歯なのです。

「むし歯予防にはブラッシング」と言われるのは、歯垢と食べかすをお口のなかに残さないため。ブラッシングを怠るとむし歯菌の温床である歯垢が増え、食べかすも増えるためむし歯菌の活動が活発になりむし歯になりやすくなるのです。

歯垢 糖分

歯垢

歯垢は細菌の棲みか。ブラッシングが不十分だとむし歯菌が増殖し、むし歯になりやすくなります。

糖分

むし歯菌は糖分を栄養にしています。糖分が長時間口のなかにとどまっていると、むし歯菌の活動が活発になり、酸の産出が多くなります。

時間 歯質

時間

通常お口のなかでは、酸により歯から溶け出したカルシウムなどのミネラルがだ液により再び歯に戻るという「再石灰化」が起こっています。しかし、ブラッシングまでの時間が長くなると酸性の状態が続き石灰化が間に合わず、むし歯になりやすくなります。

歯質

歯の質が弱いと、酸に対する抵抗力も弱まります。その結果、むし歯になりやすくなります。

むし歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期のむし歯】
ごく初期のむし歯
歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁っている状態。まだ歯に穴は空いておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
C1
【エナメル質のむし歯】
エナメル質のむし歯
エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 むし歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2
【象牙質のむし歯】
象牙質のむし歯
エナメル質の内側にある象牙質までむし歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 むし歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
C3
【神経まで達したむし歯】
神経まで達したむし歯
神経までむし歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
C4
【歯根まで達したむし歯】
歯根まで達したむし歯
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根までむし歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿がたまると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

むし歯に対する有効な手段は予防です

東京都江戸川区|診療予約|西葛西マリーナ歯科

訪問歯科診療、始めました

歯やお口の健康は、定期的に歯科医院に通ってこそ守られるものだと当院は考えています。しかしながら、さまざまなご事情で歯科医院に通えない方もいらっしゃると思います。そこで当院では、お年寄りやお身体の不自由な方など通院が困難な方のために、歯科医師及び歯科衛生士がご自宅や入居されている施設などに訪問して歯科診療を行う「訪問歯科診療」を開始いたしました。

訪問歯科診療専用の機材をお持ちいたしますので、医院と同様の診療をゆっくりお受けいただけます。ベッドに横になったまま、起き上がることが難しい方でも、受診いただくことが可能です。また、介護されている方に対して、歯みがき指導なども無料で行っております。毎週金曜を訪問診療日としていますので、ご希望の方はお気軽にご連絡ください。

診療内容

むし歯治療 むし歯は食生活を乱し、全身の不調を招く原因になりかねません。
歯周病治療 歯周病の原因菌を放っておくと、唾液や血液を介して体内に入り込み、誤燕性肺炎など命にかかわる重篤な全身疾患を招くことがあります。
入れ歯の作製及び調整 歯を失ったままだと、顎の刺激が伝わらないことにより顎が衰えるだけでなく、脳に障害を招くことも。また、合わない入れ歯を使い続けていると、食生活に乱れが生じてしまいます。
各種口腔ケア 豊かな生活を送るためには、お口の健康を維持することが大切です。むし歯・歯周病チェック、歯のクリーニングなどさまざまな口腔ケアを行います。

訪問可能エリア

訪問可能エリア

西葛西マリーナ歯科を中心に半径16kmまでの範囲。
この範囲外でも対応できる場合がありますので、まずはお気軽にご相談ください。

障害者歯科

知的・精神的・身体的な障害があるために歯科治療が難しいのでは、というお悩みをお伺いすることも少なくありません。当院ではそのような不安をお抱えの患者さん、ご家族の方にも安心して歯科治療や口腔ケアを受けていただけるように、スタッフ教育や設備導入の強化に努めております。

治療中に口を開けていることが難しい、言葉の理解が難しい、口の周囲を触られることを極端に嫌がるなど、患者さんにはさまざまな特徴が見られます。そのひとりひとりの特徴を理解したうえで、治療を急ぐのではなく、患者さんやご家族の方とコミュニケーションをとりながら、時間をかけて安全で確実な歯科診療を提供いたします。

来院することが難しいという方もあきらめないでください。当院では訪問歯科も行っており、院内とほぼ同様の歯科診療をご自宅などで受診することが可能です。また、障害による特有の口や歯の症状を知っていただき、口の機能の発達を促し健康な口を維持できるようなサポート、日常的なケア方法のアドバイスなども行っております。

ページのTOPへ