西葛西マリーナ歯科 HOME > 失った歯を取り戻したい~入れ歯・インプラント~

自分に合った入れ歯を手に入れましょう

入れ歯

入れ歯は今も昔もポピュラーな治療法ですが、「しっかり噛めない」「外れやすい」「痛い」などのマイナスイメージを持たれている方も多いかと思います。また、見た目の悪さが気になって不満に感じている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、近年では入れ歯治療も大きく変わり、機能性にも審美性にも優れた入れ歯が多く登場しています。当院では患者さん一人ひとりにぴったりフィットする入れ歯をお作りしていますので、歯を失ってお困りの方はお気軽にご相談ください。
近年、バネのない入れ歯やバネの白い入れ歯があります。当院でもその種類の入れ歯を作成しております。

当院で作成する入れ歯の特長

サンプルの歯

通常は歯科医院にて入れ歯の型を取り、その歯型を歯科技工所に送ったのち、技工士の方によって入れ歯が作成されます。当院では歯型を取ったのちにサンプルの歯や模型を使い、歯の色や噛み合わせを患者さんと確認することで、調整のし直しなどの患者さんの負担が少なくなるよう努めています。

保険の入れ歯と自費の入れ歯

入れ歯には保険が適用される入れ歯と、全額自己負担となる自費の入れ歯の2種類があります。それぞれの特徴は以下をご参照ください。

  保険の入れ歯 自費の入れ歯
素材 レジン(歯科用プラスチック)のみ 数種類から選択可能
見た目 留め金が見え、天然歯との違いがわかる 留め金が見えず、入れ歯だと気付かれにくい
床部分 厚みがあり、食べものの温度や味が伝わりにくい 素材によっては薄く、食べものの温度や味がわかりやすい
強度 やや弱い 優れている
装着感 合わないと違和感が残る ほとんど違和感がない
使用感 噛みにくい場合があり、外れやすいこともある しっかりと噛め、外れにくい
価格 安価 高額

西葛西マリーナ歯科での取り扱い入れ歯

レジン床義歯

レジン床義歯

特徴 保険診療で作れるので安価。ただし、厚みがあるので装着時に違和感がある。
作り方に制限があるため、強度に問題がある。
メリット
  • 価格が抑えられる
  • 製作期間が短い
金属床義歯

金属床義歯

特徴 入れ歯の精度が高く、ピタッとフィットするため違和感が少ない。
金属が見えにくくすることができる
オーダーメイドで作るため、見た目がきれい
メリット
  • 食べものの温度が伝わりやすい
  • 薄くて装着時の違和感が少ない
  • 破損・変形しにくい

車イスなど、様々な理由で通院困難な方へ当院では訪問歯科診療を行っております。

インプラント治療でしっかり噛める歯を

  • インプラント01
  • インプラント02
  • インプラント03

インプラント治療は、入れ歯同様に歯を失った際に行う最善の治療法です。歯を失った部分の顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上から人工歯を被せます。人工歯根は顎の骨としっかり結合するため、力強く噛むことができます。また、人工歯に用いるセラミックは色調が調節できるので、審美性にも優れています。

インプラントと他の治療との違い

  インプラント 入れ歯(保険適用の場合) ブリッジ
インプラント
歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。
入れ歯
1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせて作った義歯を、バネを使うなどして装着する治療。
ブリッジ
横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。
メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬いものでもしっかり噛める
  • 周囲の歯を傷付けたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 見た目が良くないことがある
  • しっかり噛むことができないことがある
  • 違和感があることがある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

安心のインプラント治療をご提供するために

  • インプラント手術
  • 静脈内鎮静法

インプラント治療には手術を伴います。当院では安心して治療を受けていただくために「静脈内鎮静法」を採用しております。静脈内鎮静法を行うことで、うたた寝をしているような状態のうちに手術を終えることができます。「全く痛くなかった」「あっという間に手術が終わった」「いつのまにか手術が終わっていた」と感じる患者さんがほとんどです。麻酔中は生体モニターで全身状態を観察し、麻酔の専門であるドクターが対応しているので、安心して治療をお受けいただけます。

当院のインプラント担当医

当院のインプラント担当医

当院のインプラントは、副院長である「近藤 惇史」が担当します。
「近藤 惇史」はインプラントの臨床経験は30年以上で、年間100本のインプラント治療を行っています。
様々な症例に携わった実績がありますので、インプラント治療を受けたいが心配な方でも、安心してご来院下さい。

高度なインプラント治療

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

すべての歯を失った方におすすめの治療法です。4本のインプラントを下顎の骨に埋め込み、入れ歯を安定させます。入れ歯がほとんど動かなくなり、大きさも小さくできよく噛めるようになります。

フラップレス

歯ぐきを切開せず、小さな穴を空けて手術を行う方法です。手術時間が短く済み、痛みや腫れも少ないのが特徴です。

  • フラップレス01
  • フラップレス02
  • フラップレス03
抜歯即時

抜歯即時

通常、抜歯後しばらくは期間を置かないとインプラント治療ができないのですが、この方法では抜歯とインプラントの埋め込みを同時に行えます。そのため、歯がないという期間がありません。


ソケットリフト

顎の骨が足りずにインプラント治療ができないと言われた方に適用される方法です。上顎洞(上顎にある空洞)の下から骨補填剤を挿入し、専用器具でその部位を押し上げ顎の厚みを確保します。持ち上がったところにインプラントを埋め込みます。

  • ソケットリフト01
  • ソケットリフト02
  • ソケットリフト03
GBR

ソケットリフト同様、顎の骨が足りずにインプラント治療ができないケースに適用されます。骨が足りない部分を膜で覆い、新たに骨ができるスペースを確保。その中に骨補填剤や自家骨を詰めて、骨の再生を促します。

  • GBR01
  • GBR02
  • GBR03

その他の再生療法はこちら

インプラント症例

  • インプラント症例01
  • インプラント症例02

東京都江戸川区|診療予約|西葛西マリーナ歯科

ページのTOPへ