西葛西マリーナ歯科 HOME > 子供の歯について知りたい~小児歯科~

お子さんが小さいうちから気を付けましょう

子供の歯(乳歯)

「子供の歯(乳歯)は生え変わるから特にケアしなくても大丈夫」とお考えではありませんか? その考えは間違いです。例えば乳歯のむし歯を放っておくと、生え変わる永久歯もむし歯になりやすくなってしまうだけでなく、歯並びにも悪影響を及ぼします。小さいうちから口腔内ケアには気を配ってあげる必要があるのです。

当院の小児歯科のコンセプト

当院ではまずお子さんと会話することから始めています。その後治療に使う道具や設備に慣れてもらい、ブラッシング指導をします。恐怖感などがなくなってきたときに初めて治療を行います。決して無理に治療をすることはしません。その後親御さんと相談をして治療方針を決めていきます。麻酔をかけて積極的に治療をするのか、それともこのまま経過を見ていくかなど。結果的にそのお子さんにあったよい治療を提供できるように心がけております。

親御さんへ~口腔内ケアのポイント~

ポイントその1:生後6~7か月頃から通院を

赤ちゃんの歯

赤ちゃんの歯は生後半年頃から生えてきます。歯が生えてきたら、歯のケアが必要。従って、生後6~7か月頃から歯科医院への通院を始めるのがベストです。

ポイントその2:時間を決めておやつを与えましょう

おやつ

おやつをいつでも食べられるようにしていると、子供の歯はすぐにむし歯になってしまいます。きちっと時間を決めて与えるようにしましょう。

むし歯はこうやってできる!

ポイントその3:むし歯になりやすい食べものは避けましょう

キシリトール入りのおやつ

甘いアメ・キャラメル・チョコレート・ガムなどは歯にくっつきやすく、むし歯になりやすいので、なるべく避けたほうが良いでしょう。ノンシュガー・シュガーレス・キシリトール入りのおやつをおすすめします。

ポイントその4:食べたらブラッシング、うがいを

ブラッシング

おやつに限らず、何かを食べたら必ずブラッシングをするようにしましょう。ブラッシングが難しい状況であれば、うがいをするだけでも構いません。

お子さんにこんなクセはないですか?

普段に何気なくやっているクセは、歯並びや噛み合わせに影響を与えることがあります。以下のようなクセは要注意です。

指しゃぶり 前歯を裏側から押し出す力が加わり、出っ歯になりやすいです。
頬杖 頭の重さが顎にかかり、歯並び・顎の発育・顔の骨格に影響を与えます。
爪を噛む 歯や歯ぐきに負担がかかります。
唇を噛む 上唇を噛んでいると受け口、下唇を噛んでいると出っ歯になりやすいです。
タオルを噛む 上下の歯の噛み合わせが悪くなったり、出っ歯になったりすることがあります。
口呼吸 口腔内が乾燥すると細菌が増殖し、むし歯になりやすくなります。また、舌の位置が下がって歯並びにも影響を与えます。
舌癖(ぜつへき) 舌癖とは舌を歯に押し付けるようなクセのことです。歯並びや発声に影響を与えます。
食べものをよく噛まない 歯や顎が正常に発達しない恐れがあります。

お子さんの歯並びは整っていますか?

子さんの歯並びや噛み合わせ

乱れた歯並びや噛み合わせは、見た目が美しくないというだけでなく、全身の不調にも関係してきます。また、成長したときにコンプレックスに感じたり、精神的ストレスになったりすることも。お子さんの歯並びや噛み合わせに気になる点がありましたら、なるべく早くご相談ください。

小児歯科治療メニュー

ブラッシング指導

ブラッシング指導

お子さんの歯並びや噛み合わせに応じて、適切なブラッシング方法を指導いたします。また、正しい歯ブラシの選び方などもアドバイスします。

シーラント

シーラント

奥歯の溝にプラスチックを埋め込み、食べかすがたまらないようにする処置です。むし歯予防に効果的です。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素を塗布することで、歯質を強化しむし歯になりにくい歯を作ります。定期的な塗布をおすすめいたします。

過剰歯の抜歯

過剰歯の抜歯

まれに、本来生えてくる歯よりも多く歯が生えてくるケースがあります。このような過剰な歯は歯並びを乱す原因になるので、ほとんどの場合抜歯をします。

床矯正

床矯正

顎が小さいことが原因で歯並びが乱れている場合に用いる小児矯正です。取り外しできる装置を装着して、歯がすべて並びきるような正常な大きさに顎を拡げていきます。

障害者歯科について 詳細はこちらをクリック

東京都江戸川区|診療予約|西葛西マリーナ歯科

ページのTOPへ